\ 開催決定 / ◎ 昼そら&夜そら in 浅間温泉


 
こんにちは。〈そら屋〉浅間温泉エリア担当の菊地です。
(実は〈そら屋〉では、ゆるくエリア担当制をとっています。)
この春先から繰り返し現地を訪れ、地元の皆さんとひとつずつコミュニケーションを重ね、ようやくリリースできる段階に至りました。発表します。

〈そら屋〉は、浅間温泉において、空き家の利活用を通じたエリアプロデュースに取り組みます。

ーー

これまで、天神エリア(深志神社界隈)と城西エリア(松本城西側)で、空き家見学会を開催してきた〈そら屋〉ですが、共通していることは「市街地とはいえ、ど真ん中のど真ん中ではない」という点。〈そら屋〉メンバー間ではよく話すことなのですが、家賃が高どまりして店も飽和している松本の中心市街地には、この街をこれからどんどんおもしろくしていく若手が参入する旨味はほとんど残されていないように思えます。これからは縁(ふち)。市街地と郊外の境界線とその界隈に、きっとチャンスがあるはずです。松本の中心市街地には観光客向けの揺るぎない動線が確立されていて、その周辺でしかビジネスは成り立たないと考えるのがフツウでした。でも、価値観の多様化が進む一方のこの時代、もはやそれがフツウと信じ続ける街に、果たしてどれだけの将来性があるでしょう。〈そら屋〉は、これまで注目されてこなかった周辺地域にスポットを当てます。その場所場所で個性的なスモールビジネスが次々と立ち上がり、気づいたら幾つかの特色あるエリアが松本の縁にできている状況を目論んでいます。人それぞれの関心のよって、必ずしも駅と城を結ぶエリアだけが松本の中心ではなくなったら、人の動きも多様化して、ビジネスの可能性も広がって、ほら、楽しくなりそうじゃないですか。

と、考えたとき、僕らがどうしてももっとおもしろくしたい縁が、浅間温泉でした。

駅からチャリ圏内に温泉街がある。これだけでもう充分に、松本のストロングポイントです。最上級の「強み」のひとつのはずです。でも、そのことが認知されていない。そういう視点で、浅間温泉が捉えられていない。あの場所が、松本市街地の東端として輝きを放ち、注目せざるを得ない状況をつくれたら、松本という街の地図が人々の頭の中で塗り替えられるはずです。ざっくり言えば、急に広がります、松本が。その先のことを想像すると、わくわくしませんか。

と、いうことで、〈そら屋〉は浅間温泉に取り組みます。

ーー

これ以上言葉を重ねても長くなるだけなので、ひとまず切ります。来月、僕らが魅力を感じてやまない浅間温泉に、とにかく一度来て一緒に現地を歩きましょう!というイベントを開催するので、最後にそのお知らせを。

 

/ / /

\ 開催決定 / ◎ 昼そら&夜そら in 浅間温泉

※ 昼そら = 〈そら屋〉が開催する「空き家見学会」のこと。今回は、浅間温泉の街歩きの要素も多分に含みます。
※ 夜そら = 空き家を肴に談笑するゆるい懇親会のこと。今回は「昼そら」で見学した物件を振り返りつつ、わいわいやります。

 

【 A 】平日開催

▼ 日程| 2018.11.8[木]15:00現地集合(集合場所調整中)
▽ 昼そら| 15:00-16:30
▽ 夜そら| 18:00-20:00(会場調整中)

【 B 】週末開催

▼ 日程| 2018.11.10[土]15:00現地集合(集合場所調整中)
▽ 昼そら| 15:00-16:30
▽ 夜そら| 18:00-20:00(会場調整中)

 

※【A】【B】はいずれも同じ内容です。平日・週末、参加しやすい方にご参加ください。
※ 各回の定員や参加費、予約方法など、詳細は追ってご案内します。

/ / /

 

これから少しずつ、浅間温泉での取り組みについて綴っていきます。引き続き、ご注目いただければ幸いです。

〈そら屋〉浅間温泉エリア担当|菊地徹(栞日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です